お皿の代用品~ペットボトルからお皿を作る方法~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お皿の代用品~ペットボトルからお皿を作る方法~

んにちは。
整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

ペットボトルからお皿を作る方法を

をご紹介いたします。

洗えば何度でも使えます。

お皿がない時はペットボトルを加工して!

震災直後は
ライフラインが止まる
可能性があります。

お水を使う量に制限があったり
お水を流すことに制限がかかる
場合があります。

そういうときは、
なるべきお水を使わない
方法を考えていきます。

お皿や調理器具も
洗う水がないことがあります。

また、お水を流すことができない、
流す場所がないという場合もあります。

そういうときは、お皿や
調理器具に
キッチンパック(ポリ袋)を
かぶせてから使います。

また、お皿や調理器具に
ラップを敷いてから使います。

直接火にかけるような
調理器具には不向きですが、
お皿などでは、
洗い物の水を使わなくて済みます。

また、排水の心配もありません。

用意する物はペットボトルと
カッターまたはハサミ。

ペットボトルのサイズは
大きいモノでも小さいモノでも
どちらでも大丈夫。

手に入るモノで
作ってみてください。

ただ、大きいモノの方が
当然たくさん入りますし
安定します。

【作り方】

①ペットボトルの口の部分を切り取る

ハサミよりも、カッターの方が
やりやすいと思います。

2リットルのペットボトルは
かたいので、けがをしないように
気をつけましょう。

お皿の代用品~ペットボトルからお皿を作る方法~

②ペットボトルを
縦半分に切ります。

両サイドから切込みを
入れていきます。

お皿の代用品~ペットボトルからお皿を作る方法~

③底の部分も
きりこみを入れて
二つにします。

底の部分は固いので
ハサミの方がやりやすいと
思います。

お皿の代用品~ペットボトルからお皿を作る方法~

④完成。

ペットボトルを器代わりにして
使うことができます。

飲み口の部分を切り取っているので
汁気のあるモノは
注意して使いましょう。

また、切り口でケガをする
可能性もあります。

直接口をつける場合は
十分注意しましょう。

まとめ

お皿の代用品として
ペットボトルを加工する方法を
ご紹介いたしました。

万一の事態に備え
ぜひ覚えておいてほしいと
思います。

また、身近で困っている方がいたら
ぜひ、この方法をおしえてあげてください。

 

 

おわりに

最後までご覧いただきありがとうございました。

今後役立つ情報を配信していきますので、
ぜひブックマークしてください。

インターネットの閲覧ソフトを変えた時にも使える
はてなブックマークがオススメです。

はてなブックマークのボタンはB!のボタンです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

お家の中やデスク周り、カバンの中など身近なところの整理収納の基本的な考え方や具体的な方法、役立つ裏ワザやコツをお伝えしてします。整理収納が得意になり、仕事の生産性もアップします。

 

つづきはこちら・・・

キッチンパックで非常食レシピ

キッチンパックで非常食レシピ

災害時に、自宅の冷蔵庫にある食材を使ってあたたかいごはんが食べられるよう、キッチンパックのレシピをご紹介します。キッチンパックで料理をすれば、少量の水ですみますし、洗い物やゴミをださずにすみます。

セミナー・認定講座情報

セミナー・認定講座情報

整理収納アドバイザー認定講座、その他セミナーのお知らせです。

アーカイブ

ページ上部へ戻る